コスタリカ 平和憲法とエコツアー

アクセスカウンタ

zoom RSS ハンバーガーコネクション

<<   作成日時 : 2005/03/21 15:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
3日目はいよいよエコツアーへの出発である。サンホセからモンテベルデに向けて朝の7時にホテルを出る。山道は未舗装で大型バスは通れないので中型バス2台に分乗する。途中、広大な面積の放牧地が広がる。エコツアーにはそぐわない荒廃地である。牧柵は現地で裸のインディアンと呼ばれる枝分かれしない木である。元は豊かな熱帯林が広がっていたであろう地域が、生態系が剥ぎ取られ、無残な状態である。
これは、アメリカのハンバーガーチェーンが安い牛肉を入手するため、コスタリカの広大な森林を開発した結果である。急激に進む自然破壊に、危機感を持った大統領が残された熱帯雨林を自然保護区にし、現在に至っている。紫外線が強く、風雨で表土が流され、このまま放置していても何時までも元の自然環境には回復できない。アメリカ資本の影響の大きさを感じさせる。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハンバーガーコネクション コスタリカ 平和憲法とエコツアー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる