コスタリカ 平和憲法とエコツアー

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱帯雲霧林

<<   作成日時 : 2005/03/21 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
モンテベルデ自然保護区は熱帯雲霧林気候である。カリブ海から吹き上げる湿気を帯びた空気が、山頂部で冷やされ、常時霧をまとった状態となる。この特異な気候により多くの珍しい動植物が生息している。モンテベルデに入る道は未舗装で、大型バスは通れない。聞けば、大資本がマス観光でき難いように、舗装を地域が拒否しているそうである。ガイドも地元の住人が、大学や生物多様性研究所等の講習会を受け、地域の保護区に登録した者のみが職業とすることができる。入園者を制限し、自然に負荷を掛けすぎないように、永く地域にお金が落ちる仕組みを作っている。
道は常にぬかるみ、定められた歩行路(トレイルという)を歩くときもレインコートは欠かせない。道路はえぐられ、車輪がはまり込んで動けなくなることもある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱帯雲霧林 コスタリカ 平和憲法とエコツアー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる