グァテマラ上空

7日間のコスタリカツアーを終え、いよいよ帰路に着く。早朝出発した飛行機はガァテマラを経由してロスに向かう。ガァテマラ・シティを上空から見ると埴輪のようである。このガァテマラは中米で最後まで内戦が続いた国である。1960年から1996年12月の最終和平合意までの内戦で民生は疲弊し、特に先住民族の状況は厳しい。 以下引用 (グァテマラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

インビオパルケ(生物多様性パーク)

南北アメリカの接点にあるコスタリカは、自然環境が多様である。国を挙げて国内に生息する生物の台帳作りに取り組み、その有効利用を目指している。その根幹を担っているのがINBio(インビオ)と呼ばれる生物多様性研究所である。紫外線の強い熱帯の生物の抗酸化作用の強さを医療に利用しようと、世界の医療機関や製薬会社と契約を結んでいる。 インビオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朽ちかけた巨木も雛が巣立つまでは残す

学校のシンボルになっているポロの巨木も、静かに寿命を終えようとしている。ピンクの花と共に枝先からぶら下がっているのは鳥の巣で、雛が親鳥の運ぶ餌を待っている。木の下に人が集まると警戒して騒ぎ出す。木の中が空洞になっていて、倒木の危険があるので、雛が巣立てばこの木を撤去するそうである。 裕福な生徒が通うこの小学校も、体育館は屋根だけの倉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライベート・スクール

 現代教育学園(IEM)という私立の小学校を訪問する。3歳児から12歳児が通学するコスタリカの名門校である。元大統領や企業家等、コスタリカの指導者を招き体験談やその考えを聞く。身近に国の各界の指導者と接し、その考え方を聞く事により、やがては自分もリーダーになるという志向性とそれに向けて努力する励みになる。このリーダーシップ育成プログラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民芸村サルチ

コスタリカは、観光収入が最も外貨獲得をしている。その中で土産品も重要な役割を担っている。民芸村サルチは代表的な土産物販売所である。普段は製作過程も見学できるが、残念な事に日曜日でその一部しか見学できなかった。広い店内はコスタリカの豊かな自然を意識した見事な色彩の土産品が満載である。生地のしっかりしたTシャツはお勧めである。鮮やかなブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにナマケモノと遭遇

ジャングルツアーの帰り道、ガイドが船を右岸に寄せた。 下船してしばらく歩くと樹上にナマケモノが見える。コスタリカのガイドは、実に目が良い。我々には大きなワニすらその保護色で指摘されるまで判らない。ナマケモノも樹皮と葉っぱに似た色で、ゆっくり移動すると初めて動物と判る。見あげて写真撮影をしていると、ゆっくりと下りてきた。スローモーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥の宝庫カニョネグロ野生保護区

ニカラグアとの国境近くにあるカニョネグロ国立野生保護区でジャングルクルージングを行なう。乗船名簿には国籍記入欄がある。広々とした観光地で、随所に公園がある。案内板には中央アメリカで最も美しい湿地と書いてある。クルージングに出てすぐに多くの鳥に出くわす。船泊まりでは子どもたちがトンボ返りしながら川に飛び込んでいる。ダイサギ・コウノトリ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れる川が温泉のタバコン温泉

コスタリカのタバコン温泉には世界各国の人が集まっている。欧米人は何日か滞在する者も多くいるようだ。我々のツアーは1日だけの通りすがり。湯量が半端じゃない。とにかく流れる川がそのまま温泉で、打たせの滝は普通一筋の落下だが、ここではカーテンのように5mの幅でお湯が流れている。そのカーテンをくぐって滝の内側に入ると大きな空洞になっており、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人造湖アレナル湖

アレナル湖はコスタリカ最大の湖で、水利と発電のために作られた人造湖である。高地にあるのでいつも風が吹き、ウインドサーフィンの適地になっている。アレナル火山近辺に降った雨を集めている。モンテベルデとアレナル火山は近くではあるが、道路は丁度アレナル湖を回りこむように大きく迂回してアレナル火山の裾野にあるタバコン温泉に向かう。アレナル湖の西…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コーヒー園での植樹

ハチドリの減少を食い止めるため、欧米のNPOによって自然回復の努力がコスタリカでもなされている。ハチドリの好物であるリトルアボガドの植樹を、NPOが買い取ったコーヒー園で行なった。本来は生態系の回復が必要であり、コーヒー園という単純な生物層にリトルアボガドの木一種を植えるのが、どれほどの有効性があるか疑問もあるが、学生のメンバーも多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチドリ(ハミングバード)

ハチドリの撮影は難しい。空中でホバーリングしているかと思えば、ヒューと飛んでいく。バック移動も出来る不思議な鳥である。止まっているのでシャッターを押すと、既にそこにはいない。100回程写真に撮ったが、写っているのはその1割である。羽の一部だけとか、くちばしの先とか絵にならないものがほとんどである。デジタルカメラなので失敗作をドンドン消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレイル散策

いろんな珍しい植物が数多く見られ、全てのトレイルの散策をしたかったが、2日にわたって2度の散策で終わった。ガイドがさりげなく、土手の穴をタランチェラ(巨大な毒蜘蛛)の巣ですとか言うのでビックリ。沖縄のやんばるの森と共通する植相も多いが、見たい物を確実に正確な情報で与えるという点でコスタリカのエコツーリズムは素晴らしい。 雲霧林の影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱帯雲霧林

モンテベルデ自然保護区は熱帯雲霧林気候である。カリブ海から吹き上げる湿気を帯びた空気が、山頂部で冷やされ、常時霧をまとった状態となる。この特異な気候により多くの珍しい動植物が生息している。モンテベルデに入る道は未舗装で、大型バスは通れない。聞けば、大資本がマス観光でき難いように、舗装を地域が拒否しているそうである。ガイドも地元の住人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンテベルデ自然公園の歴史

1951年にアメリカのアラバマ州のクエーカー教徒11家族41人が絶対平和主義の理念から、平和憲法を1949年に制定したコスタリカに移住。1970年に入植したモンテベルデで黄金のヒキガエルが発見され、一躍稀少種の生存地として有名になる。しかし、近年“Golden toad:黄金色のヒキガエル” が見られなくなり、 絶滅したのかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンアメリカンハイウエーの売店

サンホセから北東にパンアメリカンハイウエーを進む。広大な放牧地の中にドライブインレストランがある。店の横にはフートーの木(和名フトモモ)があり、沖縄からのメンバーはまたまた共通性を発見して喜んだ。レストランの横にはトロピカルフルーツを山積みしたパーラーがあり、いろんなジュースを販売している。レストラン店内には土産物等の売店があり、長旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンバーガーコネクション

3日目はいよいよエコツアーへの出発である。サンホセからモンテベルデに向けて朝の7時にホテルを出る。山道は未舗装で大型バスは通れないので中型バス2台に分乗する。途中、広大な面積の放牧地が広がる。エコツアーにはそぐわない荒廃地である。牧柵は現地で裸のインディアンと呼ばれる枝分かれしない木である。元は豊かな熱帯林が広がっていたであろう地域が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスタリカコーヒー

午後はコーヒー農園に見学に行く。コスタリカではコーヒーが主要輸出品である。外貨獲得ナンバーワンの地位はエコツーリズムに譲ったものの、現在でも主要産業であることに変わりはない。歴史的には、1897年のコーヒー税の導入で政府財政が安定し、サンホセの中心街にある国立劇場は建設費全てをコーヒー税で賄った。高度1200mから1500mの熱帯の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連大学での交流

国連大学では、平和教育を単独の単位としてではなく、数学(統計)と体育と理科を統合的に組み合わせて行なわれている。コスタリカの教育では、子どもの時から自分を尊重する事が繰り返し強調される。その上で他者との違いを認める事、人の意見を聞き、自分の意見を発表することを学ぶ。国連大学では、これらを受けて大学院で平等・平和、平和教育、環境保全、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連平和大学へ

コスタリカの2日目は朝7時半にバスでサンホセを出発し、国連平和大学があるコロン市に向かう。南西に30キロ離れた自然保護区にある国連平和大学には8時45分に到着した。大学の敷地自体が公園のようで、広々として自然豊かである。訪問者がコスタリカの自然を学べるように案内板が立ててある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレン・オルセンさんとの懇談

国母といわれ尊敬されているカレン・オルセンさんと懇談した。オルセンさんは2002年に沖縄を訪問され、今回のツアーメンバーも多く参加した平和憲法の講演会で話された。その時以来の再会である。今回の懇談でも、平和は待っていて出来るものではない。積極的な行動によって作り上げる必要があると話された。 同じ平和憲法を保持していても、コスタリカは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more